TOP

Menu

ハンソクエストの仲間になろう

無料ユーザー登録をして情報をお気に入りにいれたり
会員限定で見られるお役立ち情報をゲットしよう!

お気に入りに追加

販促効果を倍増させるアンケートの作り方から5つのコツまで紹介

制作日 2022.10.28更新日 2022.12.07

「販促の効果を上げるためにアンケートを実施したいけど、どのようにアンケートを取ればいいのだろう?」と思うことはありませんか?

アンケートで収集した顧客の意見を販促に活用できれば、業績アップが期待できます。

本記事では、販促で成果を出すためのアンケートの作り方をまとめました。アンケートを販促に活かすため、ぜひ最後までご覧ください。

なお、販促の基礎については「販促(販売促進)とは?意味から事例まで知っておくべき基礎知識を解説」で解説していますので合わせてご一読ください。

もし、販促のアンケートで顧客の声を集めるなら、SNS解析サービス「AIGENIC」がおすすめです。アンケートだけではわからない顧客の声やニーズを、AIが自動で収集・分析します。

興味がありましたら、下記からお気軽に無料資料をダウンロードください。

\SNS上のユーザーニーズ・本音をAIが分析・レポート/
3分でわかるAIGENIC資料ダウンロード

販促で狙った成果を上げるならアンケートの実施が有効

販促において重要なのは、ターゲットの情報を把握し取り入れることです。

アンケートをおこなえば、一人ひとり異なる顧客の価値観や意見など、下記のような定量的な情報を集められます。

  • 認知から購入後までの消費者行動
  • 顧客視点での自社の強み・弱み

また、インタビュー調査やモニタリング調査にはコストがかかりますが、アンケートならだれでも手軽に実施が可能です。

アンケートの回答をもとにターゲットに刺さる販売戦略を立てて、施策の費用対効果をアップさせましょう。

もし顧客満足度を調査については下記で詳しく紹介していますので、ぜひご覧ください。

>>顧客満足度調査(CS調査)とは?3つの指標と成果へつなげるアンケートのコツ

販促に有効なアンケートを作成する5ステップ

販促に活かすアンケートは、下記の5ステップで作成します。​​​​​​​

販促に有効なアンケートを作成する5ステップ
  1. 目的・ターゲットを決める
  2. 調査方法・スケジュールを決める
  3. アンケートを作成する
  4. アンケートを実施する
  5. 結果を集計し分析する

まずは販促アンケートの目的とターゲットを定めます。目的やターゲットが定まっていないと、質問を決めにくくなるためです。

下記は、目的とターゲットの一例です。

  • 目的:新しいコーヒー飲料の冬季キャンペーン実施のため
  • ターゲット:30代〜40代男性

また、調査方法やアンケートの内容も、目的やターゲットに沿って決めます。

調査方法であれば、下記のように回答者に馴染みのある媒体を使うと、答えてもらいやすくなります。

  • 20~50代:インターネット上のアンケート
  • シニア層:郵送アンケート

アンケート実施後は、結果を分析して販促に反映しましょう。

販促に活用できるアンケートの質問7選

販促に活用するアンケートの質問例としては、下記の7つが挙げられます。

販促に活用できるアンケートの質問7選
  1. 商品の利用前は何に悩んでいましたか?
  2. どこで(だれに聞いて)商品を知りましたか?
  3. 商品を知ってからすぐに購入を決めましたか?
  4. 購入を迷った理由は何でしたか?
  5. 類似の商品ではなく、弊社の商品を購入したのはなぜですか?
  6. 実際に使ってみてどうでしたか?
  7. どのような人にこの商品をおすすめしたいですか?

上記のような、商品の強みを探る質問や、ユーザーがどのような人なのかを明らかにする質問をしましょう。

商品の新たな訴求ポイントやターゲットの発見につながる可能性があります。

また、回答が選択式ばかりでは答えにくい質問もあるため、必要に応じて記述欄の設置をおすすめします。

なお、選択肢で「その他」と回答した人にも記述欄を設けるとベターです。アンケートの作成側が想定していない回答を得られる可能性があるからです。

今まで気付いていなかった、商品の強みが見つかるかもしれません。

アンケートで販促の成果を倍増させる4つのコツ

アンケートで販促の効果を高めるためのコツは、下記の4つです。

アンケートで販促の成果を倍増させる4つのコツ
  1. アンケート結果からブランドの強み・弱みを把握する
  2. ブランドの強みだけでなく弱みも販促に取り入れる
  3. 想定したペルソナとアンケート結果のギャップを検証する
  4. 施策案がどれくらいのターゲットに響くか検証しておく

それぞれのコツを順番に見ていきましょう。

コツ1.アンケート結果からブランドの強み・弱みを把握する

まずは、集計したアンケート結果から自社ブランドの強みや弱みを把握しましょう。アンケートには、顧客視点で意見が集まっています。

企業の視点ではなく顧客の視点で強み・弱みがわかれば、まさに生活者が求めている販促アイデアのヒントが見つかります。

例えば、アンケート回答で多かった自社の魅力をキャッチコピーに取り入れれば、商品POPなどで購買意欲を刺激することに有効です。

企業内で仮説を立てることはもちろん重要ですが、あくまで顧客視点での魅力を理解しましょう。

コツ2.ブランドの強みだけでなく弱みも販促に取り入れる

販促には、ブランドの強みだけでなく、弱みも取り入れることがおすすめです。あえて弱みを伝えることで生活者が親近感を覚え「応援したい」とファン化するケースがあります。

弱みを取り入れた訴求には、以下の例があります。

森永乳業株式会社のアイスクリーム『pino(ピノ)』といえば、スーパーやコンビニなどでよく見かける商品です。あえて有名と伝えず控えめなメッセージを発信することで、ユーザーを惹きつけ1,791件の引用ツイートを獲得しています。

企業としては強みを積極的に伝えたいと考えるかもしれませんが、顧客と視線が同じであれば弱みは欠点とは限りません。

アンケート結果をもとに、生活者が思わず応援したくなるようなブランドの弱みにも着目しましょう。

コツ3.想定したペルソナとアンケート結果のギャップを検証する

自社で想定したペルソナと、アンケート結果で判明したペルソナとのギャップを検証することも重要です。

企業がイメージしたペルソナと、顧客アンケートから浮かび上がったペルソナがかけ離れていては、いくら販促に力を入れても狙ったターゲットに刺さりません。

ただ、最初から完璧なペルソナの設定を目指すわけではありません。自社の仮説とアンケート結果を比較することで、何がどのように違ったのか知ることが重要です。

違いを少しずつ理解することで、単なる企業の想像ではなく、実在する人物像に近づけていきましょう。

コツ4.施策案がどれくらいのターゲットに響くか検証しておく

自社で仮説を立てた施策が、どれくらいのターゲットに響くかあらかじめ検証しておきましょう。販促施策は、一度で成功するとは限りません。

例えば、施策案を一定数の顧客に提示して、アンケートをおこなってみる方法です。仮説を複数立ててそれぞれに対する意見を集めたり、アンケートを依頼する対象者の属性を変えたりすると多角的に分析できます。

狙った効果を得るには施策の修正が重要と考え、できるだけ少しずつ進めましょう。

販促で効率的に顧客の声を収集するならAIGENICがおすすめ

アンケートは、企業規模にかかわらず誰でもおこなえる調査です。ただ、効率的に顧客の生の声を集めるのであれば、リサーチツールの活用をおすすめします。

「AIGENIC」はAIが自動で情報収集・分析をおこなうSNS解析サービスです。下記のように各部署ごとに必要な情報のピックアップもできます。

整理されたレポートデータをもとに施策を考えられるうえ、継続的に施策をブラッシュアップすることも可能です。

興味がありましたら、下記から無料の資料をぜひダウンロードしてご利用ください。

\SNS上のユーザーニーズ・本音をAIが分析・レポート/
3分でわかるAIGENIC資料ダウンロード

アンケートで顧客理解を深めて売上アップを目指そう

販促に活用するアンケートは、下記の5ステップで作成します。

<本記事のまとめ>
  1. 目的・ターゲットを決める
  2. 調査方法・スケジュールを決める
  3. アンケートを作成する
  4. アンケートを実施する
  5. 結果を集計し分析する

なお、回答者が質問へ簡単に答えられるよう、選択式の回答を取り入れたり、質問の順番を時系列にしたりするなどの工夫も必要です。

アンケートで顧客の声を聞き出し、販促へ活かし売上アップへつなげましょう。

この記事が気に入ったらフォローしよう!

お気に入りに追加

この記事に関するタグ

販促物や相談先の会社を探している方

まずは相談してみる!

会員登録/ログイン
掲載をご希望の方へ