TOP

Menu

会社を探す

会社一覧へ

company

ハンソクエストの仲間になろう

無料ユーザー登録をして情報をお気に入りにいれたり
会員限定で見られるお役立ち情報をゲットしよう!

お気に入りに追加

【店舗映え】アクリル什器で差をつける選び方&おすすめ製作会社

公開日 2023.12.08 更新日 2024.01.16

この記事では、店舗経営者やディスプレイ担当者へ向けて、アクリル什器のメリットや選び方について解説します。効果的な商品展示を実現するためのポイントや、信頼できる製作会社の選定方法もご紹介。展示品を引き立てる什器選びの参考として、ぜひ最後までお読みください。

アクリル什器の基本知識

アクリル什器はその透明性とデザインの自由度で、商品展示を一層引き立てる効果があります。選び方には、用途や耐久性、カスタマイズの要望に応じたポイントが重要です。以下、アクリル什器の基本情報やメリットを詳しく解説します。

・アクリル什器とは

・アクリル什器のメリット

アクリル什器とは

アクリル什器は、透明度が高く軽量で加工しやすいアクリル樹脂を使用した展示用の什器です。以下、具体的に説明します。​​​​​​​​​​​​​​

アクリル什器の定義と基本情報

アクリル什器はガラスに似た透明感が特徴で、耐衝撃性に優れています。軽量で扱いやすく、店舗やイベントでの商品展示に広く用いられています。

アクリル什器の用途と展示効果

アクリル什器は、ジュエリーやアクセサリー、化粧品などの小物から、アパレル商品まで幅広い商品の展示に利用されます。透明性が高いため、商品を際立たせることができ、視覚的な魅力を最大限に引き出す効果があります。

アクリル什器のメリット

アクリル什器は、その透明性、耐久性、デザインの自由度によって、多くの店舗経営者に選ばれています。以下、具体的に説明します。

透明性と視認性の高さ

アクリル什器の最大の魅力は、そのクリアな透明性です。商品が浮いて見えるような効果を生み出し、顧客の視線を引きつけることもできます。これにより、商品自体の色や質感が際立ち、購買意欲を刺激することが可能です。

耐久性と長期的なコスト効率

アクリルはガラスに比べて軽量でありながら、耐衝撃性に優れています。これにより、長期間にわたって什器を使用することが可能で、コスト効率の面でも優れています。また、傷がつきにくく、メンテナンスが容易な点もメリットです。

デザインの自由度とカスタマイズ性

アクリル什器は、加工しやすい素材であるため、形状やサイズ、色などのカスタマイズが容易です。これにより、店舗のコンセプトやブランドイメージに合わせたオリジナルの什器を作成することが可能で、店舗の個性を際立たせることができます。

アクリル什器の製作と活用方法

アクリル什器はその透明感と高いカスタマイズ性で、店舗ディスプレイにおいて重要な役割を果たします。適切な什器を選び、効果的に活用することで、商品の魅力を最大限に引き出すことができます。以下のポイントを押さえて、アクリル什器の製作と活用方法について詳しく見ていきましょう。

・制作の基本

・活用事例とインスピレーション

製作の基本

アクリル什器を製作する際には、サイズや形状、材質の厚み、耐荷重、デザインと機能性を考慮する必要があります。これらの要素が商品の展示における見栄えや実用性に直結するため、慎重に考えることが求められます。以下、具体的に説明します。

サイズと形状の選定基準

アクリル什器を選ぶ際には、展示する商品の大きさや形状に合わせて、適切なサイズと形状を選ぶことが重要です。例えば、小さなアクセサリーを展示する場合は、細部が際立つ小型の什器が適しています。また、空間の雰囲気やディスプレイのコンセプトに合わせた形状を選ぶことで、統一感のある店舗デザインを実現できます。

材質の厚みと耐荷重の関係

アクリル什器の材質の厚みは、耐荷重と直接関係しています。重い商品を展示する場合は、厚みのある材質を選ぶことで安全性を確保できます。逆に、軽い商品や一時的な展示には、薄い材質の什器でも十分です。耐荷重を考慮した選択が、長期的な使用においても安心です。

デザインと機能性の重要性

アクリル什器のデザインは、商品の魅力を引き立てる重要な要素です。シンプルでモダンなデザインは、商品自体に焦点を当てることができます。また、機能性に優れた什器は、使い勝手を良くし、顧客のショッピング体験を向上させます。デザインと機能性のバランスを考えた選択が、店舗のブランドイメージを高めます。

活用事例とインスピレーション

アクリル什器は多様な業種で活用されており、それぞれの店舗やイベントに合わせた展示方法があります。アパレル店舗や飲食店、イベントや展示会など、異なるシーンでの効果的な活用事例を見ていきましょう。

アパレル店舗での効果的な展示方法

アパレル店舗では、アクリル什器を使ってアクセサリーや小物を上品に展示することができます。透明な什器は商品を浮かび上がらせる効果があり、顧客の注目を集めやすくなります。また、什器の配置や照明との組み合わせによって、商品の色や質感を際立たせることが可能です。

飲食店のメニュースタンドとしての利用

飲食店では、アクリル什器をメニュースタンドとして使用することで、清潔感と視認性を高めることができます。耐久性があり、簡単に拭き取れるため、衛生的な環境を保ちつつ、メニューを魅力的に提示することが可能です。

イベントや展示会でのアクリル什器の活用

イベントや展示会では、アクリル什器を使ってパンフレットや商品サンプルを効果的に展示することができます。透明性が高く、軽量で持ち運びやすいため、頻繁にレイアウトを変更する場面でも柔軟に対応することが可能です。また、カスタマイズ性に優れているため、イベントのテーマやブランドカラーに合わせたデザインが実現できます。

アクリル什器のメンテナンスと寿命

アクリル什器は適切なメンテナンスを行うことで、長期間にわたり美しい状態を保つことができます。日常の清掃とお手入れのコツ、傷や汚れに対する対策を知ることが重要です。また、耐久性に優れているものの、一定の使用年数を超えると交換が必要になることもあります。以下、詳しく解説します。

・日常のメンテナンス方法

・アクリル什器の耐久性と更新時期

日常のメンテナンス方法

アクリル什器の日常メンテナンスは、定期的な清掃と適切なお手入れが基本です。以下、具体的に説明します。

清掃とお手入れのコツ

アクリル什器を清潔に保つためには、柔らかい布を使用して優しく拭き取ることが効果的です。アルコールやアミノ酸系の洗剤はアクリルを傷める原因になるため、避けるべきです。専用のクリーナーやマイクロファイバーの布を使うと、傷をつけずに汚れを落とすことができます。

傷や汚れに対する対策

アクリル什器は傷がつきやすい素材ですが、小さな傷は専用の研磨剤で修復可能です。また、防塵カバーを使用することで、ホコリや汚れから保護し、メンテナンスの手間を減らすことができます。

アクリル什器の耐久性と更新時期

アクリル什器は耐久性に優れていますが、使用環境や頻度によっては更新が必要になることがあります。以下、具体的に説明します。

一般的な耐用年数と交換のサイン

一般的にアクリル什器の耐用年数は5年から10年程度とされていますが、色あせや変形などのサインが見られた場合は、交換の時期かもしれません。定期的な点検を行い、什器の状態を把握することが大切です。

耐久性向上のためのアドバイス

アクリル什器の耐久性を高めるためには、直射日光や高温多湿を避けることが重要です。また、重い物を長時間置くことは避け、均等に荷重がかかるように配慮することで、変形や破損のリスクを減らすことができます。

アクリル什器製作会社の選び方とおすすめ

アクリル什器の製作会社を選ぶ際は、その実績や信頼性、カスタマイズの対応力を重視し、最適なパートナーを見つけることが重要です。以下では、製作会社選びのチェックポイントと、おすすめのアクリル什器製作会社について詳しく解説します。

・製作会社選びのチェックポイント

・おすすめのアクリル什器製作会社

製作会社選びのチェックポイント

アクリル什器製作会社を選ぶ際には、まず会社の実績と信頼性を確認し、カスタマイズのニーズに応えられるかどうかを検討することが肝心です。以下、具体的に説明します。

実績と信頼性の確認

製作会社を選ぶ際には、過去のプロジェクトや取引先の評判を調査し、信頼できるパートナーを見極めることが大切です。実際に製作した什器の写真や事例、顧客の声などをウェブサイトで確認し、品質とデザインの実績を把握しましょう。

カスタマイズ対応の有無

店舗のコンセプトや商品の特性に合わせたオーダーメイドの什器が必要な場合、カスタマイズ対応が可能かどうかを確認することが重要です。柔軟に対応できる製作会社は、独自のデザインやサイズの要望に応じてくれるため、理想的な什器を実現できます。

おすすめのアクリル什器製作会社

市場には多くのアクリル什器製作会社が存在しますが、ここではおすすめの実績豊富な会社をご紹介します。

株式会社シンコープロダクツ

創業100年のプラスチック加工会社。アクリルやPETの樹脂素材を中心に、販促什器やディスプレイの構造提案からテスト試作、量産、納品までをワンストップで対応可能。高級感やブランドイメージが大切な百貨店向けの化粧品や家電商品の陳列など、確かな技術力でニーズにお応えされています。

トータルディスプレイ株式会社

アクリルをメインとした店頭ディスプレイ・什器の製造メーカー。企画・デザイン・設計・製造をワンストップで行うことで、お客さまのアイデアを形にし、高品質な什器づくりを実現されています。プラスチックだけではなく、金属・木工・LEDなど様々な素材を複合した仕様でのご提案も可能。1点ものから大量ロットまで対応されています。

CIPSアドバンス株式会社

プラスチックを材料から加工まで幅広く取り扱っているプラスチックの総合商社。材料選定・材料調達・製品設計・品質管理・加工業者紹介・既製品選定などプラスチック全般の対応が可能。関連してSDGs 素材・環境配慮素材・スチール・板金・LED・サイネージ・物流資材・内装材等も取り扱われています。

まとめ:アクリル什器で店舗の魅力を最大限に引き出そう

店舗経営者やディスプレイ担当者にとって、アクリル什器は商品展示の質を高める重要なツールです。この記事では、アクリル什器の特徴や選び方の情報を提供しました。アクリル什器はその透明性や軽量性、加工のしやすさから、さまざまな商品にマッチし、店舗の雰囲気を損なうことなく、商品を際立たせることができます。適切な什器を選び、効果的なディスプレイを行うことで、顧客の購買意欲を刺激し、売上アップにつながるでしょう。今回の情報を参考にして、店舗に最適なアクリル什器の導入を検討し、魅力的なショッピング空間を創造しましょう。

この記事が気に入ったらフォローしよう!

お気に入りに追加

この記事に関するタグ

販促物や相談先の会社を探している方

まずは相談してみる!

会員登録/ログイン
掲載をご希望の方へ