TOP

Menu

会社を探す

会社一覧へ

company

ハンソクエストの仲間になろう

無料ユーザー登録をして情報をお気に入りにいれたり
会員限定で見られるお役立ち情報をゲットしよう!

お気に入りに追加

【店舗映え必須】陳列什器で差をつける!選び方&配置のコツ

公開日 2023.12.08 更新日 2024.01.16

この記事では、店舗の魅力を最大限に引き出す陳列什器の選び方と配置のコツを紹介します。素材選びからディスプレイの工夫まで、店舗経営者やディスプレイ担当者の皆様に役立つ情報を厳選しました。効果的な商品展示のためのヒントを、ぜひ最後までご覧ください。

陳列什器の基本と選び方

陳列什器は店舗の商品展示に不可欠であり、適切な選び方が売り場での成功につながります。ここでは、陳列什器の役割と基本的な種類、素材による店舗の雰囲気への影響について解説します。

・陳列什器の役割と基本的な種類

・什器の素材と店舗の雰囲気への影響

陳列什器の役割と基本的な種類

陳列什器は商品を整理し、魅力的に見せるための重要なツールです。棚型、ハンガー型、ケース型といった基本的な種類があり、それぞれ異なる利用シーンや機能性、展示効果を持っています。以下、具体的に説明します。

棚型什器の利用シーン

棚型什器は、多様な商品を一目で見渡せるように展示するのに適しています。特に、書籍や雑貨、食品などの小売りにおいては、整理された状態で商品の多様性をアピールできるため、顧客の購買意欲を刺激します。

ハンガー型什器の機能性

ハンガー型什器は、衣類を掛けて展示する際に役立ちます。服の形状を保ちながら見せることができ、顧客が商品を手に取りやすい環境を作り出します。また、色やサイズごとに整理することで、選びやすさを向上させることが可能です。

ケース型什器の展示効果

ケース型什器は、ジュエリーやアクセサリーなどの貴重品、または特別感を演出したい商品の展示に適しています。ガラスや透明な素材を用いることで、商品を安全に保護しつつ、高級感を出すことができます。

什器の素材と店舗の雰囲気への影響

什器の素材は、店舗の雰囲気を大きく左右します。木製、金属製、アクリル製といった素材が一般的で、それぞれ異なる空間演出が可能です。以下、素材ごとの特徴とその効果について詳しく見ていきます。​​​​​​​​​​​​​​

木製什器とナチュラルな空間作り

木製什器は温かみがあり、ナチュラルな雰囲気を店舗にもたらします。カフェや雑貨店など、落ち着いた空間を演出したい場合に適しており、顧客にリラックスした時間を提供できます。

金属製什器で現代的なデザインを

金属製什器は、スタイリッシュでモダンな印象を与えます。ファッションブティックやテクノロジー商品を扱う店舗に最適で、洗練された空間を作り出すことができます。

アクリル製什器のクリアな視覚効果

アクリル製什器は透明感があり、商品を際立たせることができます。特にコスメティックショップやアートギャラリーなど、商品自体の色や形を強調したい場合に効果的です。クリアな視覚効果により、商品の魅力を最大限に引き出すことが可能です。

効果的な陳列什器の選定と配置

店舗の売上につながる陳列什器の選定と配置は、店舗コンセプトの理解、商品特性の把握、スペース効率の最適化、コストパフォーマンスの考慮という四つの要素が重要です。以下の点について詳しく解説します。

・店舗コンセプトにマッチした什器の選び方

・商品特性に合わせた什器の選定と配置

・スペース効率を考慮した什器のサイズ選定

・コストパフォーマンスを考えた什器の選択

店舗コンセプトにマッチした什器の選び方

店舗の雰囲気と一貫性を持たせるためには、コンセプトに合致した陳列什器を選ぶことが不可欠です。たとえば、ナチュラルな雰囲気のカフェでは木製の什器が、モダンなアパレルショップではスチールやガラスの什器が適しています。また、デザインだけでなく機能性も考慮して選ぶことが大切です。

商品特性に合わせた什器の選定と配置

商品を際立たせるためには、その特性に合わせた什器を選び、適切に配置することが求められます。以下、具体的に説明します。

アパレルショップでの什器活用法

アパレルショップでは、衣類の色や形を活かすためにマネキンやハンガーラックが効果的です。マネキンはトレンドを反映したスタイリングで顧客の購買意欲を刺激し、ハンガーラックは異なるアイテムを組み合わせて提案することができます。

飲食店での什器の役割

飲食店では、メニュー立てや食器を展示するための什器が重要です。清潔感のある素材やデザインを選び、顧客がメニューを見やすい位置に配置することで、スムーズなオーダーを促進します。

スペース効率を考慮した什器のサイズ選定

限られた店舗スペースを有効活用するためには、什器のサイズ選定が重要です。商品の種類や量に応じて、過不足なく商品を展示できるサイズの什器を選ぶことで、店舗の見栄えを良くし、顧客の動線をスムーズにします。

コストパフォーマンスを考えた什器の選択

什器の購入は初期投資の一部であり、長期的な視点でコストパフォーマンスを考慮することが必要です。耐久性やメンテナンスの容易さ、再利用の可能性を考慮し、予算内で最大の効果を発揮する什器を選びましょう。

顧客体験を高める陳列什器のディスプレイテクニック

店舗での顧客体験を向上させるためには、陳列什器のディスプレイテクニックが重要です。以下の点に注目して、商品の魅力を最大限に引き出しましょう。

・視線誘導と商品の魅力を引き立てる配置

・顧客の動線を考慮した什器のレイアウト

・イベントごとに変わるディスプレイのアイデア

視線誘導と商品の魅力を引き立てる配置

陳列什器を使用する際は、顧客の視線を自然と商品に誘導する配置を心がけることが大切です。これにより、商品の特徴や魅力を際立たせることができます。たとえば、目線の高さに注目商品を配置することで、顧客の注意を引きやすくなります。また、色や形でコントラストをつけることで、商品が一層目立つように演出することが可能です。

顧客の動線を考慮した什器のレイアウト

顧客が店内をスムーズに移動できるように、什器のレイアウトを計画的に行うことが重要です。これにより、顧客は快適にショッピングを楽しむことができ、商品への関心も高まります。効果的な動線作りのためには、入口からの流れを考え、人気商品を奥に配置することで店内を深く探索させることができます。

効果的な動線作りのための配置例

たとえば、入口近くに新着商品を配置し、その奥にセール商品や定番商品を配置することで、顧客を店内の奥へと誘導することができます。また、通路を広く取り、什器の間に十分なスペースを確保することで、快適な買い物環境を提供することが可能です。

イベントごとに変わるディスプレイのアイデア

季節のイベントやプロモーション期間に合わせてディスプレイを変更することで、顧客の関心を引き、購買意欲を刺激することができます。これにより、店舗の鮮度を保ち、リピーターを増やすことにもつながります。

季節のイベントに合わせたディスプレイ例

春には桜をモチーフにしたディスプレイを行い、夏には海や夏祭りをイメージしたデザインで商品を展示することで、季節感を演出し、顧客の購買意欲を高めることができます。

プロモーション期間の特別ディスプレイ

セール期間中は赤や黄色など目を引く色を使った什器を使用し、特別感を演出することが効果的です。また、限定商品を前面に出すことで、独自性をアピールし、顧客の関心を集めることができます。

陳列什器のメンテナンスと長期利用のための知識

陳列什器は、店舗において重要な要素です。そのため、日常的なメンテナンスと清掃、耐久性を保つためのポイント、そしてトラブル発生時の対応策を知っておくことが、長期的な利用につながります。以下、それぞれの詳細について解説します。

・日常的な什器のメンテナンスと清掃

・什器の耐久性を保つためのポイント

・什器のトラブル発生時の対応策

日常的な什器のメンテナンスと清掃

陳列什器は定期的な清掃とメンテナンスが必要です。これにより、商品を清潔かつ魅力的に見せることができるだけでなく、什器自体の寿命も延ばすことができます。清掃には、ほこりや汚れを取り除くための乾拭きや湿拭きが効果的です。また、金属部分には錆防止のための特別なケアが必要になることもあります。定期的な清掃とメンテナンスは、什器を長持ちさせるために不可欠です。

什器の耐久性を保つためのポイント

什器の耐久性を保つためには、適切な素材選びと適切な使用が重要です。たとえば、木製の什器は湿気に弱いため、湿度の低い環境で使用することが望ましいです。また、重い商品を長期間同じ場所に置き続けると、什器が歪む原因になるため、定期的な商品の入れ替えが推奨されます。什器の耐久性を保つためには、素材の特性を理解し、適切なケアを行うことが大切です。

什器のトラブル発生時の対応策

什器のトラブルが発生した場合、迅速な対応が求められます。たとえば、什器が壊れた場合は、すぐに修理するか、安全を確保するために使用を中止する必要があります。また、什器の一部が緩んでいる場合は、ネジを締め直すなどの対処が必要です。トラブルが発生した際には、安全を最優先に考え、迅速に適切な対応を行いましょう。

陳列什器の最新トレンドと未来の展望

店舗の陳列什器は、ただ商品を並べるだけではなく、ブランドイメージを高め、顧客体験を向上させる重要な役割を担っています。最新のトレンドは、デザイン性と機能性を兼ね備えたものや、エコフレンドリーな素材を使用したサステナブルな什器、さらにはデジタル技術を活用した革新的な展示方法が注目されています。これらのトレンドは、顧客のショッピング体験を豊かにし、店舗の差別化を図るためにますます重要になってきています。

以下、最新トレンドについて詳しく見ていきましょう。

- トレンドを取り入れた陳列什器の事例

- エコフレンドリーな素材の什器とサステナビリティ

- デジタル技術を活用した什器の革新

トレンドを取り入れた陳列什器の事例

現代の店舗デザインでは、陳列什器が単なる商品の展示台としてではなく、店舗のコンセプトを表現するアートピースとしての役割も果たしています。たとえば、モダンで洗練されたデザインの什器は、高級感を演出し、ブランドイメージを向上させます。また、可動式の什器は、柔軟なレイアウト変更を可能にし、季節ごとのキャンペーンやイベントに合わせたディスプレイが容易になります。

エコフレンドリーな素材の什器とサステナビリティ

サステナビリティへの関心の高まりは、陳列什器の素材選びにも影響を与えています。リサイクル可能な素材や再生可能な資源から作られた什器は、環境への配慮を示すと同時に、エコ意識の高い顧客層を引きつける要素となります。竹やリサイクルプラスチック、持続可能な森林から採取された木材など、環境に優しい素材を使用した什器は、ブランドのエコフレンドリーな姿勢をアピールすることができます。

デジタル技術を活用した什器の革新

デジタル技術の進化は、陳列什器の可能性を大きく広げています。顧客の関心を引き、インタラクティブな体験を提供することで、商品への興味を高めることができます。以下、具体的に説明します。

デジタルサイネージを取り入れたディスプレイ

デジタルサイネージを取り入れたディスプレイは、動画や画像を用いて商品の特徴や使用方法を魅力的に伝えることができます。たとえば、化粧品の什器に組み込まれたデジタルスクリーンは、使用前後の効果を示すことで、顧客の購買意欲を刺激します。また、タッチスクリーンを利用したインタラクティブなディスプレイは、顧客が自ら情報を探求する楽しさを提供し、エンゲージメントを高める効果があります。

VR/ARを活用した什器の可能性

VR(バーチャルリアリティ)やAR(拡張現実)技術を活用した什器は、まだ一般的ではありませんが、将来的には顧客体験を一変させる可能性を秘めています。たとえば、ARを利用して、実際に商品を手に取ることなく、その商品がどのように使用されるかを体験できるディスプレイは、特に家具やインテリアアイテムの選択において革新的な買い物体験を提供します。VRを使ったバーチャルストアでは、実店舗を訪れることなく、商品を見て回ることが可能になり、オンラインとオフラインの境界を曖昧にする新しいショッピングの形が生まれています。

まとめ:効果的な陳列什器で店舗の魅力を最大化しよう

店舗経営者やディスプレイ担当者にとって、商品を魅力的に展示する陳列什器の選び方や配置、素材選びは、販売促進に直結する重要な要素です。本記事では、陳列什器の種類や機能性、デザインのポイント、さらには商品との相性を考慮した配置方法について解説しました。適切な什器を選び、工夫を凝らしたディスプレイを行うことで、商品の魅力を引き立て、顧客の購買意欲を高めることができます。今回得た知識を参考に、より多くの顧客を惹きつける売り場作りを実現していただければ幸いです。

この記事が気に入ったらフォローしよう!

お気に入りに追加

この記事に関するタグ

販促物や相談先の会社を探している方

まずは相談してみる!

会員登録/ログイン
掲載をご希望の方へ