TOP

Menu

ハンソクエストの仲間になろう

無料ユーザー登録をして情報をお気に入りにいれたり
会員限定で見られるお役立ち情報をゲットしよう!

お気に入りに追加

店舗の販促でよくある悩み12選┃解決して売上アップへつなげるコツとは

制作日 2022.10.26更新日 2022.12.07

「集客や売上をアップさせるにはどうすればいいのだろう?」と悩んだことはありませんか?

販促に関する悩みには、さまざまなフェーズがあります。

本記事では、集客・売上・リピーターに関する悩みを解決するコツを紹介します。集客や売上をアップさせたいとお考えでしたら、ぜひご一読ください。

なお、販促の悩みを解決するなら、SNS解析サービス「AIGENIC」がおすすめです。売上や集客のヒントになる顧客の声を、AIが自動で収集し分析します。

興味がありましたら、下記から無料の資料をダウンロードできますので、ぜひご利用ください。

\SNS上のユーザーニーズ・本音をAIが分析・レポート/
3分でわかるAIGENIC資料ダウンロード

【課題別】店舗の販促(販売促進)でよくある悩み12選

販促でよくある悩みを、下記の課題別に紹介します。

店舗の販促(販売促進)でよく悩みを抱える3つの課題
  1. 「集客できない」場合
  2. 「売上がアップしない」場合
  3. 「リピーターが増えない」場合

では、順番に見ていきましょう。​​​​​​​

課題1.「集客できない」場合によくある悩み3選

悩み 解決案の例
  • チラシのデザインや配布場所がターゲットに合っているか検証する
  • お店のコンセプトに合わせた店頭ディスプレイを設置する
  • 顧客アンケートで自店舗の魅力を把握する
  • ターゲットに合わせて売り場のコンセプトを統一する
  • 音声や香りなど、聴覚や嗅覚などに訴えられる情報を提供する
  • POPを設置だけでなく、デジタルサイネージなど動画を活用する
  • 人気商品とあまり人気の出なかった商品をセットで販売する(抱き合わせ販売)
  • 売り場の陳列を工夫し、ついで買いやセット買いを促進する

集客ができないと、そもそも売上アップやリピーターの獲得ができません。そのため、まずは「来店したい!」と思ってもらえる宣伝が必要です。

集客に使えるツールには、下記があります。

  • SNS
  • チラシ
  • 看板・のぼり
  • 店頭ディスプレイ

なお、チラシのデザインについては下記の記事で紹介しているので、ぜひご覧ください。

>>おしゃれなチラシのデザインアイデア10選│効果を最大化するコツも紹介

課題2.「売上がアップしない」場合によくある悩み5選

悩み 解決案の例
  • 魅力的な売り場の作り方がわからない
  • 入店はしてもらえるのに、売り場で足を止めてもらえない
  • 購入につながらない
  • 商品の魅力をイメージとおりに伝えられない
  • 客単価がアップしない
  • ターゲットに合わせて売り場のコンセプトを統一する
  • 音声や香りなど、聴覚や嗅覚などに訴えられる情報を提供する
  • POPを設置だけでなく、デジタルサイネージなど動画を活用する
  • 人気商品とあまり人気の出なかった商品をセットで販売する(抱き合わせ販売)
  • 売り場の陳列を工夫し、ついで買いやセット買いを促進する

商品を購入してもらうには、商品の魅力を伝えることが重要です。商品の良さが伝わらなければ、顧客は商品の購入をためらってしまいます。

商品の良さを伝えるだけではなく、売り場の雰囲気を盛り上げることも大切です。

例えば、いつも同じディスプレイでは新鮮さが感じられず、顧客は飽きを感じる恐れがあります。

なお、売り場づくりについては、以下の記事で詳しく紹介しているので、ぜひご一読ください。

>>販促POPとは?役割から消費者を惹きつける4つの制作ポイントまで総まとめ

課題3.「リピーターが増えない」場合によくある悩み4選

悩み 解決案の例
  • 常連客が増えない
  • 自店舗の会員数が増加しない
  • SNSを運用しているのに、フォロワーが増えない
  • クーポンを発行しているのに使ってもらえない
  • ポイントカード・会員特典など来店促進キャンペーンを実施する
  • リピーター向けにノベルティを配布する
  • 会員やフォロワーになるメリットを効果的に伝える
  • 入会やフォローを促すキャンペーンを実施する
  • 顧客ニーズに合わせて複数種類のクーポンを用意する

一度商品を購入してもらった顧客に対し、リピーターになってもらう工夫も大切です。繰り返し商品を購入してもらえれば、中長期的に商品を購入してもらえます。

顧客が「また来店したい!」と思えるよう、商品を見つけやすくしたり、お得なクーポンを発行したりするなどの工夫をしましょう。

ここまで紹介した解決案に活用できる手法例の詳細は、下記でも紹介しています。合わせてご覧ください。

>>これだけ知っておけばOK!販促手法の種類14選&目的別の活用例

なお、紹介した解決案は、ほんの一例に過ぎません。継続して販促効果を出すために、知っておくべきポイントを次項で紹介します。

店舗が販促の悩みを解決して売上アップへつなげる6つのコツ

店舗での販促の悩みを解決して売上につなげるには、以下6つのコツがあります。

店舗が販促の悩みを解決して売上アップへつなげる6つのコツ
  1. 目的・ターゲットを明確にする
  2. 定量調査や定性調査で多角的に分析をする
  3. ターゲットのニーズだけでなくウォンツも明確にする
  4. ターゲットの行動を把握する
  5. 効果測定をおこないデータを数値化する
  6. 仮説と検証を繰り返す

問題解決のためには、まず現状と課題の把握が重要です。そのうえで、販促に有効なポイントを順に紹介します。

コツ1.目的・ターゲットを明確にする

まずは、目的やターゲットを明らかにしましょう。

目的やターゲットを定めないまま販促を実施しても、効果につながる施策をおこなえません。

結果的に誰にも響かず、目標を達成できない恐れがあります。一例として、次のように目的やターゲットを定めてみましょう。

  • 目的:認知度の拡大、客単価アップなど
  • ターゲット:通勤中の40代女性、毎週訪れる20代男性など

目的やターゲットに刺さる訴求を考えやすくなり、販促の効果アップも期待できます。

コツ2.定量調査や定性調査で多角的に分析をする

調査方法概要調査方法の例
定量調査全体像を把握するため数値を調査するアンケート・電話調査など
定性調査個人を把握するため、言葉(感情)を調査するSNS調査・グループインタビューなど

定量調査や定性調査を実施し、さまざまな視点からの店舗の分析も重要です。来店客の立場に立って、初めて店舗の改善点に気付くこともあるからです。

定量調査や定性調査では、下記を詳しく調べられます。

  • 顧客視点での店舗の強み・弱み
  • 顧客の属性や声(悩み・願望など)

データをもとにターゲットに刺さる訴求を見つけられるので、ターゲットについて詳しく知りたい場合は取り入れてみましょう。

コツ3.ターゲットのニーズだけでなくウォンツも明確にする

ニーズとウォンツとは

  • ニーズ:「自分が欲しいわけではないが必要」という意識
    例)仕事に必要なのでPCを買う
  • ウォンツ:「必要なわけではないが欲しい」という意識
    例)機械が好きでいろいろ試したいのでPCを買う

ニーズだけでなくウォンツも明確にすると、ターゲットの心理を深く分析することが可能です。

販促施策はもちろん、キャッチコピー・デザインなどターゲットを惹きつけられるポイントがより具体化されます。

PCを販売する場合で考えると、下記のように訴求が異なってきます。

  • 仕事に必要なPCを探している人向け:機能性をアピール
  • PC好きな人向け:スタイリッシュなデザインをアピール

顧客の意識を考えて、より顧客の要望に刺さる販促をおこないましょう。

コツ4.ターゲットの行動を把握する

施策後にターゲットがどのような行動をするのか把握できれば、施策の改善が可能です。

例えば、SNSを使用したフォロー&リツイートキャンペーンを実施した後、ターゲットが下記の行動をしているか確認しましょう。

  • キャンペーンに参加しているか?
  • 実店舗に来店しているか?
  • 口コミを投稿しているか?
  • 商品を買っているか?

ターゲットの行動を把握することで、効果測定がしやすくなります。

コツ5.効果測定をおこないデータを数値化する

効果測定をおこなったら、データの数値化も大切です。数値化により、変化を客観視できるうえ、社内で共有しやすくなります。

「反響があった」「うまくいかなかった」だけでは、別の施策を打ったときに比較がしにくくなります。

SNSでのフォロー&リツイートキャンペーンであれば、フォロー数の伸び・リツイート数などをデータとして残しておきましょう。

仮説や検証でもデータを使うので、誰でもわかりやすいよう結果の数値化はおすすめです。

コツ6.仮説と検証を繰り返す

データを取るだけではなく、仮説と検証を繰り返すことで狙った効果を得やすくなります。改善を加えずに同じ施策をおこなっても、結果が伸びにくいです。

効果測定の結果をもとに、仮説や検証を繰り返して改善を図ることが大切です。

なお、一度施策がうまくいったとはいえ次回も成功するとは限りません。市場は常に変化するものだと考え、改善を重ねましょう。

なお、販促の成功事例を知りたい場合は、下記で詳しく紹介していますので、ぜひご覧ください。

>>販促とは?3つの成功事例から効果を最大化する5つのポイントまで紹介

店舗が顧客を惹きつける販促をするならAIGENICがおすすめ

販促で効果を得るには、消費者ニーズの分析が重要です。ただ、入念な調査にはどうしてもコストが発生します。

効率的に最新の顧客の生の声を集めるのであれば、リサーチツールの活用がおすすめです。AIを活用しているAIGENICなら、Instagramの情報を自動で収集・分析できます。

Instagramはポジティブな投稿が中心で、生活者によるバイアスのかかっていない投稿がされるSNSです。

そのため、投稿のなかから今まで気が付かなかった新たな販促アイデアを発見できます。

興味がおありでしたら、下記から無料の資料をダウンロードください。

\SNS上のユーザーニーズ・本音をAIが分析・レポート/
3分でわかるAIGENIC資料ダウンロード

販促の悩みを解決して集客や売上をアップさせよう

販促の悩みを解決するためには、現状や課題を明らかにしたうえで、目的やターゲットを定めます。

定量調査や定性調査などでターゲットを分析し、施策の実施後は仮説と検証を繰り返すことで、施策の成功に近づけます。

直面している販促の悩みを解消し、業績のアップにつなげましょう。

この記事が気に入ったらフォローしよう!

お気に入りに追加

この記事に関するタグ

販促物や相談先の会社を探している方

まずは相談してみる!

会員登録/ログイン
掲載をご希望の方へ